top
line
1
line
tokyo
椎名誠写真展「地球はまだまだおもしろい」
2010年3月14日(日)~2010年6月15日(火)

世界各地を旅した椎名誠氏の作品群より、選りすぐりの思い出深い作品、約60点を展示いたします。
椎名誠氏は文筆の傍ら写真作家として数多くの名作を写真展など様々な分野で発表し、好評を博しています。撮影地はアフリカ、楼蘭、パタゴニア、モンゴル、チベット、ロシアなど。椎名氏手書きのキャプションはイラストを交えたユニークなもので、写真とともに読み進めると椎名氏の旅を追体験できる趣向になっています。旅情溢れる作品で写真作家椎名誠の知られざる世界を思う存分お楽しみいただきます。

椎名誠(しいな・まこと)

作家。1944年 東京生まれ1979年より、小説、エッセイ、ルポなどの作家活動に入る。これまでの主な作品は『犬の系譜』(講談社)、『岳物語』(集英社)他多数。最新刊『いいかげんな青い空』(朝日新聞出版)は「アサヒカメラ」の連載をまとめたもの。1991年から始まったこの連載は2009年11月号で200回に達し、同誌で最長の連載となっている。写真展の開催も多く、2010年2月─3月東京品川のキャノンギャラリーSにて「五つの旅の物語─プラス1」を開催。



iso iso


  rinku c