top
line
1
line
menu
tokyo
豊田直之「海の森・山の森」
2012年10月20日(土)~12月30日(日)

地球の表面の約7割を占める海。この広大なる海には、全長20メートル近くにもなる地球上最大のほ乳類であるクジラから、それこそ1センチにも満たないエビやカニの仲間など様々な生き物たちが暮らしています。また、地上には、私たち人間も含め、たくさんの動物たちや植物たちが住んでいます。
山には森があり、そこは生き物たちの隠れ家となり、ゆりかごにもなります。海には、サンゴと海藻とが陸上の森の役目をしています。海と山、まったく別々のように思えてしまう環境が、実はつながっているのです。
その海と山を結ぶもの。それは「水」。数年前までは海の中ばかりを撮影していた私は、そのことに気づいてからは広大なる海の最初の一滴を求めて川をさかのぼり、山にも登って、その「水の輪廻」を追いました。
自然はつねに微妙なバランスから成り立っています。まるで「やじろべえ」のようにゆらぎながら。このデリケートなバランスは、私たちの何気ない行動で簡単に崩れてしまいます。まさに繊細なガラス細工のような存在。このはかなくもすばらしい地球をもう一度見直す機会として、この写真展を役立てていただくことができれば幸いです。
豊田直之
豊田直之(とよだ・なおゆき)

1959年横浜市生まれ。東京水産大学(現・東京海洋大学)水産学部卒。サラリーマン、漁師、ダイビングインストラクター、雑誌編集者兼ライターを経て、中村征夫氏に師事。独立後、水中撮影をメインとする制作プロダクション「有限会社ティエムオフィス」を設立。同代表。数年前より海から川をさかのぼり、最終的に海に注ぐ最初の一滴を含めた「水の輪廻」をテーマに撮影活動を展開する。その水の輪廻を環境保全という観点でとらえ、NPO法人海の森・山の森事務局を設立し、同理事長としても様々な方面へ活動を展開している。ラジオやテレビなどの出演も多い。

ティエムオフィスHP
http://www.toyoda-marine-office.com/
海の森・山の森事務局HP
http://www.uminomori-yamanomori.com

02 iso


  rinku c