top
line
1
line
menu
tokyo
千葉克介「北の彩り2013」
2013年3月23日(土)〜6月18日(火)

春夏秋冬、日は昇り、また沈む。光と影、色と形を変えて移り行く自然風景を凝視し、私は40数年間写真を撮り続けてきた。
北は北海道から南は沖縄まで旅をするなかで、東北の独自の風景の美しさに気がついた。
本州北部に連なる脊梁山脈、そして気候風土も微妙に異なる山川湖沼の原風景が広い地域に残り、その美しさを伝えている。
いにしえより聖なる山々には広範囲なブナ帯が広がり、大きな水瓶となっている。豊富に蓄えられた水は、川を下り海に至る。自然の営みは食物連鎖をつかさどりながら、植物、動物、人々に恵みを与えてきた。
自然から学び、自然の喜怒哀楽を心に感じながら、私はシャッターを押し続ける。
千葉克介

千葉克介(ちば・かつすけ)

世界環境写真家協会会員
1945年 秋田県角館町(現仙北市)に生まれる
1970年 東北を中心に写真活動を始める
1977年 黎明舎を設立
雑誌、書籍、カレンダー、ポスターなどで写真発表
写真集 「みちのく四季彩」「十和田奥入瀬八甲田」他
写真展 デンマーク、神戸、東京 他
http://chiba-katsusuke.com/


02 iso


  rinku c